ジアムーバー酸化水
ジアムーバー酸化水とは?
「ジアムーバー酸化水」とは、次亜塩素酸ソーダと塩酸を水と希釈混合することにより生成された
消臭・除菌効果のある弱酸性の液体です。
主成分
水、次亜塩素酸、次亜塩素酸イオン、塩化ナトリウム
ジアムーバー酸化水の生成に必要な次亜塩素酸ソーダは除菌効果のある食品添加物として認定されており、
一般的にpH9(アルカリ性)程度に希釈して食品加工場などで使用されています。

しかし、アルカリ性のままだと遅効性のため残留性が高く効果は持続しますが、除菌剤としての効果が
強すぎるために浄水機能をもつ下水道のバクテリア槽に悪影響を及ぼし環境問題となりえます。
また、刺激物として人体にも悪影響を及ぼたり誤って酸と混合してしまうと有毒ガスが発生し大変危険です。
ジアムーバー酸化水は、次亜塩素酸ソーダに塩酸を特殊技術で混合し除菌力が最大となる
弱酸性領域で安定させることでこの問題を解決しました。

ジアムーバー酸化水は次亜塩素酸ソーダの約8倍の除菌力があり、細菌やウィルス、悪臭の元となる
腐敗菌をすばやく除菌・分解します。
人体に極めて無害であり、強力な消臭効果があります。
主に酸化しやすい臭気に効果があり、生ゴミなど腐敗菌による悪臭に効果的です。
アンモニアは分解され激減し、タバコの臭いにもある程度の効果があります。
■ 図の解説 ■
ClO (次亜塩素酸イオン)⇒除菌力小
HClO(次亜塩素酸)⇒除菌力大
Cl2(塩素ガス)⇒有毒
phによってHClOの含有率が変わる
■ 特 徴 ■
高い除菌力がある
成分の99.9%以上が水である
弱酸性中性域の為、肌にも安心(ph6.5~7.0)
残留性も漂白作用も少ない

ジアムーバー酸化水の主成分である
次亜塩素酸は
私たちの体内でも大活躍しています。
体内で次亜塩素酸が発生していることは意外と知られていない事実です。

いわゆる「活性酸素」が、体内に侵入した細菌などの異物を分解するのに活躍していると言われていますが、実際は次亜塩素酸に変化した形で働いています。
人体血液の白血球の1つである好中球(早急に微生物を排除する防御の最前線で働いている白血球)にはミエロパーオキシダーゼという酵素が大量に存在し、活性酸素の一種である過酸化水素を塩素イオンと反応させ次亜塩素酸を作り出しています。

なぜ好中球は次亜塩素酸を発生させるミエロパーオキシダーゼを大量に有しているかを考えると、理由はまさに「除菌作用のため」と言えるのです。
強い除菌力と高い安全性
除菌力のヒミツは次亜塩素酸(HClO)
次亜塩素酸(HClO)は除菌力が非常に高く、即効性もあります。
細菌など違う物質と反応し、変質・消費するので大部分は残留する事もありません。
インフルエンザ
ノロウイルス対策
アルコール系除菌剤の代替として
各種の安全性・除菌力試験は公的機関にて、実施済みです。
試験依頼先:財団法人 日本食品分析センター

消臭効果
悪臭の元となる成分と化合(酸化・塩素化)し、臭いがほぼ発生しない成分に変化させる事で、消臭効果が得られます。
臭いの種類とその効果
食品の臭い
・・・・・・・
排水口の臭い
・・・・・・
お酒の臭い
・・・・・・・
トイレの臭い
・・・・・・
生ゴミの臭い
・・・・・・
香水(天然香料)
・・・・・
体臭が漂う部屋の臭い
たばこの臭い
・・・・・・
汗臭い部屋の臭い
・・・
香水(合成香料)
・・・・・×
ペットの寝床の臭い
・・
焦げの臭い
・・・・・・・×
汗の臭い(体臭)
・・・・
○…効果が高い  △…効果が低い  ×…効果が無い
ジアムーバー酸化水
ジアムーバー酸化水とは?
「ジアムーバー酸化水」とは、次亜塩素酸ソーダと塩酸を水と希釈混合することにより生成された
消臭・除菌効果のある弱酸性の液体です。
主成分
水、次亜塩素酸、次亜塩素酸イオン、塩化ナトリウム
ジアムーバー酸化水の生成に必要な次亜塩素酸ソーダは除菌効果のある食品添加物として認定されており、
一般的にpH9(アルカリ性)程度に希釈して食品加工場などで使用されています。

しかし、アルカリ性のままだと遅効性のため残留性が高く効果は持続しますが、除菌剤としての効果が
強すぎるために浄水機能をもつ下水道のバクテリア槽に悪影響を及ぼし環境問題となりえます。
また、刺激物として人体にも悪影響を及ぼたり誤って酸と混合してしまうと有毒ガスが発生し大変危険です。
ジアムーバー酸化水は、次亜塩素酸ソーダに塩酸を特殊技術で混合し除菌力が最大となる
弱酸性領域で安定させることでこの問題を解決しました。

ジアムーバー酸化水は次亜塩素酸ソーダの約8倍の除菌力があり、細菌やウィルス、悪臭の元となる
腐敗菌をすばやく除菌・分解します。
人体に極めて無害であり、強力な消臭効果があります。
主に酸化しやすい臭気に効果があり、生ゴミなど腐敗菌による悪臭に効果的です。
アンモニアは分解され激減し、タバコの臭いにもある程度の効果があります。
■ 図の解説 ■
ClO (次亜塩素酸イオン)⇒除菌力小
HClO(次亜塩素酸)⇒除菌力大
Cl2(塩素ガス)⇒有毒
phによってHClOの含有率が変わる
■ 特 徴 ■
高い除菌力がある
成分の99.9%以上が水である
弱酸性中性域の為、肌にも安心(ph6.5~7.0)
残留性も漂白作用も少ない

ジアムーバー酸化水の主成分である
次亜塩素酸は私たちの体内でも大活躍しています。
体内で次亜塩素酸が発生していることは意外と知られていない事実です。

いわゆる「活性酸素」が、体内に侵入した細菌などの異物を分解するのに活躍していると言われていますが、実際は次亜塩素酸に変化した形で働いています。
人体血液の白血球の1つである好中球(早急に微生物を排除する防御の最前線で働いている白血球)にはミエロパーオキシダーゼという酵素が大量に存在し、活性酸素の一種である過酸化水素を塩素イオンと反応させ次亜塩素酸を作り出しています。

なぜ好中球は次亜塩素酸を発生させるミエロパーオキシダーゼを大量に有しているかを考えると、理由はまさに「除菌作用のため」と言えるのです。
強い除菌力と高い安全性
除菌力のヒミツは次亜塩素酸(HClO)
次亜塩素酸(HClO)は除菌力が非常に高く、即効性もあります。
細菌など違う物質と反応し、変質・消費するので大部分は残留する事もありません。
インフルエンザ
ノロウイルス対策
アルコール系除菌剤の代替として
各種の安全性・除菌力試験は公的機関にて、実施済みです。
試験依頼先:財団法人 日本食品分析センター

消臭効果
悪臭の元となる成分と化合(酸化・塩素化)し、臭いがほぼ発生しない成分に変化させる事で、消臭効果が得られます。
臭いの種類とその効果
食品の臭い
・・・・・・・・・
排水口の臭い
・・・・・・・・
お酒の臭い
・・・・・・・・・
トイレの臭い
・・・・・・・・
生ゴミの臭い
・・・・・・・・
香水(天然香料)
・・・・・・・
体臭が漂う部屋の臭い
・・
たばこの臭い
・・・・・・・・
汗臭い部屋の臭い
・・・・・
香水(合成香料)
・・・・・・・×
ペットの寝床の臭い
・・・・
焦げの臭い
・・・・・・・・・・×
汗の臭い(体臭)
・・・・・・
○…効果が高い △…効果が低い
×…効果が無い